toggle
2018-04-28

真砂鬼丸谷 八町滝

2018/4.28

ずっと行きたい滝が2つあった、一つは白山の巨瀑で滝マニの目標として名高い百四丈滝、もう一つは台高の南部の大瀑である八町滝。

八町滝へは10年前くらいから尾根ルートが開拓され滝マニでも挑戦権を得れるようになった(真砂鬼丸谷遡行でも行けると思う)ルーファイは的確に行わなければならないが厳しいコースではなく、私でもたどり着くことができた。 行き方はえだ2さんのブログ等で詳しく調べられる。また、最近では小木森谷の大滝右岸の尾根からダイレクトにいくコースも確立しているらしい、大幅な時短になり日帰りが確実視されるという。

八町滝は非常に優雅、フワ〜っと落ちてくる系滝の日本代表なんじゃないかと密かに思っている。大きな壺と迫力を伴う小木森滝とは対照的で女性的な印象を受けた。

ルートを誤って岩峰の上にでた。口坊主だか奥坊主だかが見事! このアングルでの八町滝は初めてみた。

紀伊の山は本当に急峻でびっくりしてしまう。

下降ルンゼを発見して少しロープを出して降り、八町滝の前へ到着。

屏風状の岩盤が凄まじい!! これほどに美しい滝はかつてみたことがない。

この岩盤よりカッコいい岩盤を持つ滝はそうそうないでしょう。明らかに強固で力強く、滝の持つ格とでも言いましょうか、ボロボロの岩の滝とはレベルが違う!

風に振られる程度の水量だが、申し分ない。

もわっと煽られて滝身が太くなりましたよ。

んん〜最高にカッコいい岩!

余談:使っていた当時使っていたレンズが最悪の周辺画質。風景写真を撮るなら四隅まで解像するキリッといいレンズに限りますね。

これはもう最悪中の最悪レンズ。

全段で100m級の大きな滝。

振り返ると海が見える、電波も通じる。

尾根に戻って翌日は通称、奥八町滝へ行った。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です