toggle
2019-03-09

阿寺山

2019/3.9

この日は快晴予報。 谷川の平標〜仙ノ倉山や下田の粟ヶ岳など迷ったが、越後三山を望む眺望の山 阿寺山へ登ることにした。

道中では、入道岳を始め圧巻の景色を楽しむことが出来た。

入道岳に朝日が照る。

豊富な積雪が作る壮大なスケールの山風景。これぞ雪国の山!という感じでテンション上がる。

八海山全景 八海山というと左のギザギザの八ツ峰のイメージだが、主峰は右の入道岳なのだろう。

巻機山方面にも陽が当たる

よくわからないが、右のピークは鳥甲山ではないかとのこと、定かでない。

金城山は荒々しいが標高は1300m程度 素晴らしい魚沼の山を望みながら進む。

八海山は常に美しい。

入道岳の右の肩が五龍岳 ピークにはなっていないように見える。本来はあそこまで行きたかったが途中でやめた。

先行するBCスキーヤーはどんどん入道岳を登っている、只者ではない感じ。

豆粒のよう。

スキーヤーのトレース

美しい雪庇と八海山。

うさぎの足跡と、圧巻の中ノ岳、檜廊下(左)

難所、オカメノゾキ

三角のピークはクジガハナ、なだらかな駒ヶ岳。

縦構図

阿寺山へ戻る。

阿寺山と、奥には巻機山。

銅倉尾根、秘境の山が連なる。この景色を見たとき、いつかこの尾根は絶対に歩きたい!と思った。

とにかくこの景色が観れただけでも本当に価値がある一日だった気がする。

桑ノ木山(手前)、ネコブ(右端)、小沢岳(右の顕著なピーク)、下津川山(左の顕著なピーク)   秘峰たちの饗宴!

阿寺山という若干渋目のチョイスだったが360度の超展望を望め最高だった。この山行で今シーズンは終いになるだろうが、いいものが観れて充実の山でした。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です