toggle
2019-02-21

守門大岳

2019/2 守門岳のピークの一つ大岳へ行った

県道347を進み、二分集落先の除雪終了点に車は1台、準備している方に尋ねると大岳への起点で間違い無いようだった。

私もワカンをつけて出発

天気予報では晴れだったが、全く晴れる気配はなく残念な気持ちで山頂に近づく

吹きすさぶ強風の中で待っていると次第に雲が流れ始め、これまでみたことの無いような絶景が姿を現した

その色はこれまで網膜で捉えたことの無い神秘的な蒼

刻々と変化する蒼の記憶はとても写真で表現することができない、心ゆくまで脳にその景色を焼き付けた

今回は大岳にとどまったが、来年は袴岳まで行き周回コースをたどりたい。

ガスが晴れてくる。

鉛のような銀色の世界が現れる。

次第に晴れ渡り、白銀の景色が広がり始めた。

極地でしょうか?いいえ魚沼です。

奥に見えるのは駒ヶ岳でしょうか?

ちなみにピッケルは不要。

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です