toggle
2022-06-18

柳沢川 日光の沢

2022.6.18

サワグルイの二人と渓たそと日光の沢「柳沢川」右俣を遡行し、左俣を下降してきた。

アプローチに金がかかり(低公害バス)、さらに1時間程度のアプローチが必要 その労力の割に沢の行程が短く、それほど綺麗でもないのでぶっちゃけ微妙な沢だった。 ポムチムはこういうのはっきり言いますよ、柳沢川は単体で行くと微妙です!! 行くなら赤岩滝の登攀と併せていくと充実だと思う!

感じの良いナメ
分かりづらいけど出合い

低公害バスで西ノ湖までいき、そこから林道を1時間程度歩いてやっとこさ沢へ入渓 感じの良いナメから始まるものの、すぐに荒れた感じの沢になってしまった 随所に雪渓の残骸がある 右俣・左俣の出合いはナメが良い感じである。 右俣に入る

右俣はナメナメ
ナメをずっと歩く ヌメる。。。
6mくらいのおむすびに似た滝
各々適当に登る
連瀑 この沢の見どころ
右の滝は実は支流 正面に本流が続き 15m滝がある
15m滝 左から高巻く
すぐ上のナメ滝 倒木がなければ美しいと思う、たぶん

後半は滝が連続し、面白いが正直どの滝もパッとせず印象に薄い感が否めない 10mの倒木のあるナメ滝を最後に滝場を超えると一気に平凡な様相 中間尾根を乗越し、左俣を下降する。

1箇所懸垂した
左俣唯一の見どころのナメ 良いと言い聞かせよう!

左俣はつまらない沢だった! 1箇所懸垂で降りた斜瀑はシャワー覚悟ならクライムダウンできると思う その後一瞬綺麗なナメが出た! これが唯一の見どころ、ここを愛でなければ何も面白いところのないスカ沢となってしまう! みんなしてナメを一生懸命、必死になってなんとか愛でているのが伝わる。心を騙せ!!

シュカさんの表情。。。それすっごい分かります!!
帰りに寄った赤岩滝 かっこいい滝!

一瞬で沢の周回が終わってしまったので、赤岩滝を見に行くことに ここは15年以上前に親父ときているはずだ。

うん立派な滝だ 今度は登りにこよう てな訳でお昼過ぎには西の湖バス停に到着  12:40のバスに間に合うねって話していて、バスが来る5分前くらいにみんな列をなして並び始めた。 僕らはのんびり並ばずにバスを待っていた 何も焦って並ばなくたってバスくらい乗れるっしょ? 甘かった〜完全に甘かった!到着したバスはすでにパンッパン!! 通路すらぎゅうぎゅうである。なんとか押し込み、残すは僕ら4人だが、ここで車掌から非情にも「いっぱいなんで次のバス乗ってください」宣告 はぁ〜〜〜??こんなことある!?!?!?!?!? ごねてもしゃあないので40分余計に待ってやって次のバスで帰路へ。でも国道に出るところでわけわかんない事故り方しやがってる車が進路を塞いでバスが出れない!! 結局どうにもならずに余計に7分ぐらい歩かされる羽目に。 こんなことがあって後味も微妙でした! でもサワグルイとの会話は面白かったよ!やっぱり沢に人生を捧げてる人の話は深いしおもろいわ お疲れ様でした〜笑

タグ:
関連記事